“ありがとう”を稼ぐポイントは?

ずっきー

ずっきー

こんにちは!ずっきーです(・Д・)ノ

“ありがとう”を稼ぐポイントは?

今回は妻からの“ありがとう”を稼ぐうえで、大事にしているポイントをあげようと思います。


僕が大切にしているのは、次の3つです。


1.“ありがとう”を言う
2.相手があまり得意でないことをしてあげる
3.+αの気遣い


かなり当たり前のことかもしれませんが、自分はこのポイントを意識的に行っています。


1.“ありがとう”を言う

“ありがとう”を稼ぐもっとも簡単な方法がこれだと思います。

よく結婚式の祝辞スピーチで、「夫婦円満の秘訣は感謝の気持ちを伝えあうことです」と聞きます。

いつも一緒にいるとだんだん少なくなってくる“ありがとう”という言葉ですが、自分から相手に“ありがとう”を伝えないと相手からも“ありがとう”は、言ってもらえません。

まずは、自分から率先して相手に“ありがとう”を伝えてみてください。

「いつもご飯を作ってくれて、ありがとう」「いつも家事してくれて、ありがとう」とか何でもいいです。

心で思っていても、相手に伝わらないと意味ありませんからね。

どんだけ忙しくても「1日1ありがとう」は余裕で言えるはずです。


2.相手があまり得意でないことをしてあげる
得意なことをしてあげるより、苦手なことをしてあげたほうが相手は喜びます。

相手が得意なことだと、「やれて当たり前」だと思われますしね
(´・_・`)

うちの場合は、妻は家事や機械の扱いがあまり得意ではありません。

仕事も自分の方が早く終わるため、基本的に平日の家事や弁当作りは自分がやっています(笑)

また、結婚式の準備でもパソコンを使うムービー作成、メニュー表作成なども積極的にやりました。(家事や式の準備の話については、また別記事で書きますね)

得意、不得意は人それぞれあると思うので、何ができるかも人それぞれだと思います。

ただ、どんな人も相手から感謝してもらえる得意分野があると思います。

「料理」「洗濯」「掃除」「車の運転」「力仕事」「マッサージ」「笑顔」etc...

3.+αの気遣い

+αの気遣いをすると相手にとって新鮮に感じます。

自分の場合だと友達と飲みにいった帰りに、たまにコンビニで妻の好きなスイーツを買って帰ります。

毎回ではなく、気が向いた時だけですが、すごく喜んでくれます。

そのほかにも、いつもは相手がやってくれる家事でも、すごく疲れているような時はこっそりやってあげてもいいかもしれません。

たいてい夫婦になると気を遣わなくなってくるので、ちょっとした+αの気遣いが嬉しいものです。

逆に+αの気遣いをしてもらった時は、ちゃんと喜んであげるとまたやってくれますよ(笑)

特に男は単純なので、褒めることが重要です
(´∀`*)

以上が僕が心がけている“ありがとう”を稼ぐためのポイントでした!

みなさんの家庭で心がけていることがあれば、参考に教えてください!

Adios
ヾ(・∀・)ノ


Posted byずっきー

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply