子宮外妊娠?流産?知らなかった現実③

ずっきー

ずっきー

 the-fruit-2757808_12803

前回の記事では、紹介された病院に再検査に行くも、子宮外妊娠か通常妊娠かわからないということで、様子見になりました。
そして、いよいよ運命の検査日がやってきました。
 
運命の検査日
その日は金曜日だったので、僕も有給をもらい朝から妻と一緒に病院に行きました。
子宮外妊娠の場合は、即入院、即手術と聞いていたので、一応入院の用意を持っていきます。

病院に着いて、まず採血を行います。
採血をしたあと、採血の結果が出るまで1時間ほど待たなければなりません。

その間、妻はすごい緊張しています。
手術となると痛いですし、精神的にも肉体的にもきついため、当然不安になります。
僕なりに不安を取り除こうと英語やブログの話をして、明るく振舞います。(能天気すぎだと少し怒られましたが…)

そして、いよいよ先生の診断がまわって来ました。
僕も一緒に診察室に入り、まずはhCG数値の話を聞きます。

先生「hCGの値が500まで減っていますね~」「たぶん流産ですね。」(あっさり)
二人「へ??流産ですか?」
先生「ちょっとお腹見させてもらいますね~」

別室で見てもらっている間、診察室で待っています。
僕は、かなりあっさりした診断だな…なんか態度もやる気ないけど、信用できるのか?と思っていました。
別室から戻ってきて、続きを聞きます。

先生「胎嚢もありませんね。きれいな状態です。」
  「たぶん流れたと思いますが、念のため来週も来てください」
妻 「子供が卵管に居たのか、子宮に居たのかわかりませんか?」
先生「もう居ないので、どっちに居たのかはわかりませんね。」
妻 「・・・これから1週間気を付けることはありますか?」
先生「激しい運動とかはしないほうがいいですよ。しばらく出血はあると思います。」(以上)

先生の態度が適当すぎたので、自分はすごく腹が立ちましたが、とりあえず不幸中の幸いとはこのことでしょうか。
一番ハッピーな結果ではないですが、一番最悪なパターンではなかったです。
ただ、卵管に居たのか、子宮に居て育たなかっただけなのかは、不明のままでした。
そんなこんなで、とりあえず入院せずに済んで、妻も少し安心していました。
後で聞いくと、どうやら前日に多めの出血があったらしく、その時に「あれ?やばくね?」と思ったらしいです。

流産後の妻の様子

不幸中の幸いといってもあくまで流産です。
辛いのは変わりません。
一緒に帰りながら「すごい優しい子だったんだね。」「お母さんを苦しめたくなかったんだね。」と自分たちに言い聞かせました。

家に帰ると妻は今までの腰痛ではなく、下腹部が痛くなりだしたようで、しばらくベットで休んでいました。
痛みに波があり、かなり痛みがひどくなったようで、トイレに駆け込んでいきました。
トイレから出てくると「なんか胎盤?らしきブニブニしたものが出た!」と言いました。
妻は「あれは赤ちゃんがいた証拠で、確実に生きていたんだと思うと悲しい」と言って、また泣いてしまいました。
僕は「よく頑張ったね。また一緒に頑張ろうね。」「またラムちゃんの中に戻ってきてくれるよ。」と慰めました。

その時のことを振り返って妻はプチ出産みたいで、生理痛より痛かったと言っていました。
先生はそんなことがあるとは言っていなかったので、不安になりますよね…(あの先生が微妙だったのかも…)

そんなこんなで、妊娠が発覚してから怒涛の1週間でした。
結局卵管に異常があったのか、ただの流産だったのか、原因が不明のためどうしようもありません。
一応卵管造影という検査もあるようですが、もう少し詳しく調べようと思います。
これから妻は妊活を始めると言っています。
僕も妻をしっかり支えて、一緒に頑張るため本やブログを参考にしながら知識を高めたいと思います。

流産して少し落ち着くまで妻は毎日泣いていました。
まだまだ回復まで時間がかかります。
たくさん楽しい事をして、美味しいご飯を作ってあげようと思います。

そして、今回の出来事で知らなかった現実をたくさん突き付けられました。
同時に僕の友達夫婦も含め「多くの人たちが子供を作るために悩んでいるんだ」と改めて感じました。
このブログを通して、少しでも僕たち夫婦で体験したことを共有して、微力ながらみなさんのお役に立てたらいいなと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
これからも楽しいことも含めて色々なことを書いていこうと思いますので、よろしくお願いします!

それでは、久しぶりにAdios
( ̄^ ̄)ゞ



もしよろしければ「ぽちっ」っと応援よろしくお願いします!

ランキングバナー にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
Posted byずっきー

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply